• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 謄本(とうほん)とは?

生活していると、「謄本(とうほん)」という言葉を聞く事があります。

 

あなたは、謄本とは何かを説明出来ますか?

謄本とは、原本と全く同じ内容を写したもので、原本の内容を証明するためのものです。

 

生活していて一番接する機会が多い謄本は、「戸籍謄本」ではないでしょうか。

これは、市町村役場で管理している戸籍の内容を証明するためのものです。

 

他にも、

法務局で管理している不動産(土地・建物)の記録を証明するための「不動産登記簿謄本」や、

同じく、法務局で管理している会社・法人の記録を証明するための「商業登記簿謄本」、

裁判所における裁判の結果を証明する「判決や和解などの謄本」、

公証役場で作成した遺言の内容を証明する「遺言公正証書の謄本」などがあります。

 

ですから「謄本」という言葉だけで、具体的な何かを表す事は出来ません。

 

しかしながら、

司法書士の仕事をしていると、しばしば「謄本」という言葉を単体で使うシーンに遭遇します。

 

不動産売買の事で、不動産業者さんや融資銀行さんとお話するときの「謄本」とは、

「不動産登記簿謄本」の事を意味します。

また、

会社の社長さんや顧問税理士さんと、会社の役員変更や事業目的の変更などのお話をするときの「謄本」とは、

「商業登記簿謄本」の事を意味します。

 

これらは、業界関係者であれば、暗黙のうちにわかるものなのですが、

それ以外の方には、通じませんよね。