• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 買戻し権付きの不動産売買(借金のカタに不動産を提供する)

買戻し権の付いた不動産売買 ってご存知でしょうか?

 
そもそも「買戻し」とは

物を売った人が、一定期間経過後に、買った人に代金を返して物を返してもらう

という契約のことで、民法という日常生活の基本となる法律に規定されています。

 

何のためにこんな契約をするのでしょうか?

 

例えば、借金の担保に不動産を差し出すとき使えます。

 

AさんがBさんからお金を借りる時、

その担保として、自分が持っている不動産をBさんに提供するのです。

具体的には、

AB間で 不動産の 売買契約 を結んで、不動産の名義をAさんからBさんに移します。

同時に、買戻し期間を設定して、

その期間内にAさんがお金を返せば、

BさんはAさんに不動産を返さなければいけないという特約を付けておくのです。

不動産の名義は、一時的ですがBさんに移ります。

つまり、Bさんが使用できるのです。
買戻し期間内にAさんがお金を返さなかったら、

Bさんは「正式に」その不動産を自分のものにすることが出来ます

 

比較対象ですが、

借金の担保というと、「抵当権」が一般的です。

 

抵当権においては、まず、BさんがAさんに お金を貸すという契約 をします。

同時に、不動産の名義はAさんのままで

その不動産をBさんの担保に入れるという契約をするものです
Aさんがお金を返さなかったら、

Bさんは不動産を競売して、貸したお金を取り戻すことが出来ます。

 

 

 

Aさんがお金を返さなかった場合の、Bさんのメリット、デメリットは、

以下のとおりです。

 

【 Bさんにとって、買戻しのメリット 】

抵当権に比べて、競売の手続きをとる必要がない

 

【 Bさんにとって、買戻しのデメリット 】

貸したお金が戻ってくるのではなく、不動産が自分のものになるというだけ

換金したければ、不動産を売却することになりますが、

この不動産が、辺鄙なところだったりすると、安い価格でしか売れないかもしれません。

この差額は、Aさんに請求できません。

ちなみに、抵当権の場合は、

前提として、BさんがAさんにお金を貸すという契約をしているので、競売代金で足りなければ、

不足分をAさんに請求することが可能です。

(Aさんが他に財産を持っていなければ、請求しても回収できませんが、、)

 

Aさんが不動産価値が無いことをわかっていて、

最初から買戻すつもりがなかったのであれば、

詐欺などを理由に売買契約を取り消すことも可能でしょうが、

それを立証していくことは、大変な作業になります。

 

「買戻し」にしても、「抵当権」にしても、

お金を貸す側のBさんは、担保にする不動産の価値をしっかり見極めなければ

損をしてしまうことになりますので、十分注意すべきでしょう

 

不動産取引の専門業者、契約に詳しい弁護士、

不動産登記に詳しい司法書士にご相談頂くことをお勧めします。