• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 10万円も10億円も同じ

相続や遺言のお話です

 

「うちは財産が少ないから、遺言は必要ない」

そんなお言葉をよく聞きます。

本当によく聞くんです。

 

でも、

遺産が10万円だったとしても、10億円だったとしても、

相続の時の手続きは同じなんです。

(相続税については、別ですが、、、)

 

故人の銀行口座を解約するときは、

相続人全員の実印付きの書類が必要となります。

預金残高が10万円だったとしても、10億円だったとしても。

 

故人の不動産を相続人名義に変更するときは、

相続人全員の実印付きの書類が必要となります。

不動産の価値が10万円だったとしても、10億円だったとしても。

 

この時、遺言があれば、財産取得者として指定された相続人のハンコだけでOKなんです。

 

たとえ、10万円の遺産でも、相続人同士が仲が悪く、

全員のハンコが揃わなければ、手続きは出来ません。

仲が良かったとしても、そのうち誰かが海外で生活しているかもしれません。

(この場合は、現地の日本大使館に行って手続きしてもらうことになります)

こうなると、「遺言さえあれば、、、」と思うことになるでしょう。

 

反対に、10億円の遺産でも、相続人全員のハンコがすぐに揃うなら、

手続きは簡単です。

遺言が無くてもスムーズです。

 

 

「遺言はお金持ちが書くもの」

司法書士井畑は、この誤解を無くすことが使命と考えています。