• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
代襲相続(だいしゅうそうぞく)

代襲相続とは、以下のようなケースを指します

 

【事例1】

お父さんが亡くなった。

お母さんと子ども2名(Aさん・Bさんとします)が相続人であるが、

Aさんは、お父さんより先に亡くなっている。

Aさんには子供(お父さんからみると孫)がいる。

 

このようなケースでは、

お母さんとBさん、そしてAさんの子供が相続人となります。

 

そして、Aさんの子供が相続人となる事を、

代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。

 

ちなみに、Aさんの子供は、Aさんの相続割合を引き継ぎます。

上記の例では、

お母さんが2分の1、Bさんが4分の1、Aさんの子供が4分の1です。

 

Aさんに子供が2人いれば、それぞれが8分の1ずつとなります。

 

Aさんの子供も既に亡くなっていて、Aさんの子供に子供(Aさんの孫)がいれば、

さらに代襲します。

 

【事例2】

Cさんが亡くなった。

Cさんには、そもそも子供がいない(あるいは、子供が先に死亡していて、孫もいない)。

この場合は、Cさんの親が相続人となりますが、

親が既に死亡(親より先代も全員死亡)していれば、Cさんの兄弟姉妹が相続人となります。

この時、兄弟姉妹がCさんより先に亡くなっていれば、

兄弟姉妹の子供が、代襲相続人となります。

 

ただし、このケースでは事例1と違うことが起こります。

兄弟姉妹の子供も先に亡くなっていて、兄弟姉妹の子供の子供(兄弟姉妹の孫)がいても、

さらなる代襲は発生しません。

 

兄弟姉妹が相続人になる場合の代襲は、一世代のみです。