• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
任意後見契約(にんいこうけんけいやく)

将来、自分が認知症などになり、判断能力が低下したときに、

財産管理や医療・介護施設との契約などを代理してもらえるように、

あらかじめ代理人を決めておき、その代理人と契約するもの。

 

公正証書で契約しなければならない。

 

成年後見と違い、自分が判断できるうちに、自分が依頼したい人に、

依頼したい内容をお願い出来るメリットがある。

 

判断能力が低下したと、自分あるいは契約しておいた代理人が判断したとき、

裁判所に申し立てをして、この契約が実行される。