• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
債権譲渡登記

まず前提としまして、
債権(貸金や代金などを請求する権利)は、他人に譲る事が出来るのです。

例えば、BさんがCさんにお金を貸している場合、
当然、BさんはCさんからお金を返してもらう権利が有りますが、
この権利を、BさんはAさんに譲る事が出来るということです。

この結果、AさんはCさんからお金を受け取ることが出来るのです。
逆に言えば、BさんはCさんからお金を受け取る権利が無くなるのです。

これを債権譲渡と言います。

この債権譲渡の利用例としましては、
AさんがBさんにお金を貸していて、
さらに、BさんがCさんにお金を貸している場合、
BさんはAさんにお金を返す代わりに、上記のような債権譲渡をして、
CさんからAさんに直接お金を払ってもらうことが出来るというわけです。

これを対外的にも有効にするための手続きが、
「債権譲渡登記」というものなのです。

仮に、Bさんが破産してしまっても、
BさんがCさんからお金を返してもらう権利はAさんに譲渡されているので、
Aさんは、優先的にCさんからお金を回収できるのです。

詳細についてお聞きになりたい方は、
一度、井畑あてご照会ください。