• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
内容証明郵便(ないようしょうめいゆうびん)

差し出した郵便の同一の書面を、郵便局・差出人の手元にも残すもの。

1行の文字数・1ページの行数・使用文字などに制約があるため、きちんとした形式で作成する必要がある。

 

「いつ」「誰に」「どんな内容の文書」が送られたかが証明できるため、

裁判など争いごとの証明になる。

さらに「配達証明」を利用すれば、「いつ届いたか」も証明できる。

 

クーリングオフなど契約解除に日数制限がある場合に、「いつ解約の意思表示したか」を証明するときに有効である。

金銭請求の催告に使われることも多い。