• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
家督相続(かとくそうぞく)

家督相続とは、

 

昔の法律(明治31年7月16日から昭和22年5月2日まで)では、

戸主という考え方があり、これは簡単に言うと、

一家の長老(戸主)が、財産のすべてを管理しており、

その戸主が亡くなると、その長男がその財産を引き継ぐのが通例ということになっていました。

 

これを家督相続と言います。

 

家督相続は、戸主の死亡以外にも起こり得て、

「隠居」という理由もあります。