• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
寄与分

寄与分とは、相続の時に用いられる用語です。

 

相続人の中に、

亡くなった人の事業に協力していた、あるいは生前の看護療養をしていたなどにより、

亡くなった人の財産を増やすことに貢献した人がいる場合に、

増加分を、その相続人の相続分に加算するものです。

(民法904条の2)

 

どのように計算するかは、個々のケースによって検討すべきですし、

この寄与分を主張するかどうかは、当事者の判断によります。

 

現実的には、この寄与分も暗示的に考慮したうえで、遺産相続の分け前を決めることが多いです。

 

もし、寄与分を主張する人がいれば、相続人全員が、これに納得する必要があります。

この協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

相続人の功労と財産の増加を証明していくことは、簡単ではないですので、

調停で争う場合は、しっかり立証できるようにしておくべきでしょう。