• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
権利書の変更

「親が亡くなったので、親名義の不動産の権利書の変更をしてほしい」

このようなご依頼を受けることがあります。

 

不動産の登記につきましては、わかりづらいことがたくさんあります。

権利書につきましても、誤解されていらっしゃる方が時々お見えになります。

 

遺産相続をすると、国が管理している登記簿が更新され、

相続人のために新たな権利書(現在は「登記識別情報通知」というもの)が発行されます。

亡くなった方がお持ちだった権利書を変更するのではありません。

ちなみに、

亡くなった方がお持ちだった権利書は、不要なものになります。

俗に「カラの権利書」ということもあります。

 

売買や贈与の場合も同様で、

買った人や貰った人のために、新たな権利書が発行され、

売った人やあげた人が持っていた権利書は、「カラの権利書」になります。