• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
特別受益者

遺産相続の分け方を検討するときに考慮すべき点のなかには、

特別受益という考え方があります。

 

これは、他の相続人と比べて、故人から恩恵を受けていたため、

相続分を少なくするというものです。

(民法903条)

 

例えば、結婚資金を援助してもらったとか、

住宅購入時に頭金を払ってもらったなどということです。

 

つまり、

「お兄ちゃんは、家を建てるとき、お父さんからたくさんお金をもらっているから、

お父さんの遺産相続の取り分は、無しだよ!!!」

なんてことを言われてしまう可能性があるということです。

 

ただ、遺産相続は、遺言が無ければ、相続人全員の合意でどのようにしても良いのですから、

特別受益があっても、他の相続人と同じ取り分にすることも可能です。

もちろん、他の相続人全員がOKならば。