• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

自筆証書と公正証書の中間的な方法である。

①自書(本文はワープロも可)、署名、押印した文書を封印して、公証役場に出向く。

②公証人と証人2人以上の面前で、「これは自分の遺言である旨」と住所・氏名を申述する。

③公証人が、日付および上記②の申述内容を封紙に記載し、全員が署名する。

 

公証役場では、遺言の「存在」を保証してくれるのであり、記載内容については保証してくれない(封印して持っていくのだから当然)。

原本は、自分で保管する(公証役場では保管してくれない)

自筆証書遺言と同様に、検認が必要となる。

 

メリットがあまり感じられないせいか、この方式の遺言の利用者は、ほとんどいないようである。