• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 「登記簿」とか「謄本」とかの、違いがわかりません

不動産業者、金融機関、役所、税理士、司法書士など、

不動産や会社の登記に関する情報を仕事上必要としている業者は、

「登記簿謄本」のことを、省略して「登記簿」とか「謄本」と言っていますが、

ほとんどの場合は、「登記簿謄本」(正確には「登記事項証明書」)のことを指しています。

 

 

 

「登記簿」とは、法務局で管理している登記の記録であり、

「謄本」とは、文書の原本と同じ内容である書面のことを指しますので、

「登記簿謄本」とは、法務局で発行してもらえる登記簿の写しのことです。

 

「不動産の謄本を持っていたら見せてください」とか、

「会社の登記簿を持ってきてください」

などと言われたら、不動産や会社の「登記簿謄本」のことを指していると思ってください。

 

なお、「戸籍謄本」のことは、「謄本」と省略せず、「戸籍謄本」と言うのが一般的です。