• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. どれが権利書か、わかりません

不動産の売却や不動産を担保にして借入をされる場合には、

権利書が必要となります。

 

権利書は、不動産を購入した時に発行されますが、

それ以降、使うことは無いので、いざ必要となった時に、

それが権利書なのか分からなくなる場合があります。

 

平成18年に不動産登記に関する法律が変わったことに伴い、

権利書の様式も変更になりました。

 

従前の権利書は、登記申請書の写しの末尾ページに法務局の赤いハンコが押してあり、

そこに「昭和○○年○○月○○日受付 第○○○○号」と印字されています。

(違う形式である事もあります)

 

最近の権利書は、目隠しシールが張られた「登記識別情報通知」というA4の紙です。

(司法書士が表紙を付けたり、封筒に入れたりしてお渡しする場合が多いです)

 

いずれの場合も、「権利書」と明示されていないことがありますので、

権利書なのかどうか迷うかもしれません。

 

時々、権利書を無くしたと言われる方がいらっしゃいますが、

不動産を購入された時の契約書などの書類の中から見つかることも多いです。