• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 会社の事業目的の決め方を教えて下さい(その2)

会社の事業目的の決め方につきましては、
(その1)に記載しましたが、他にも注意すべきことがあります。

 

事業目的について、数の制限はありません。

追加するときは、定款と登記簿の変更が必要(お金もかかる)になりますので、

あらかじめ、事業目的を多く設定しておくと良いと思われるかもしれません。

 

しかしながら、
あまりにも多くの事業目的を設定していると、

新規の取引先や融資を受けようとしている銀行から、敬遠されることもあるようです。

つまり、

何が本業の会社か分からない

という印象を与えかねないということです。

 

事実、新規融資を受けるために、事業目的を絞り込んだ(不要なものを削除)という事例も聞きます。

 

事業目的の決め方において、何が正解なのかは、正直わかりません。

私の見解としましては、

「現在の事業 プラス 今後予定している事業」 という程度にしておいて、

将来、事業を拡大や変更するときに見直しをする方が良いと思っています。