• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 取締役の任期は長い方が良いのでしょうか

取締役任期は通常2年ですが、

株式非公開会社なら定款で規定すれば最長10年とすることが出来ます。

 

長い方が良いのか短い方が良いのかは、一概には言えません。

 

長くするメリットは、

①役員が固定化されるので、長期的な会社運営の方針が立てられる

役員変更登記の回数が少なくて済む(登記費用の節約となる)

長くするデメリットは、

①考え方の合わない取締役をやめさせるには解任することになり、残存期間の役員報酬を請求されるリスクがある

 

家族経営の会社であれば、長くしておいた方が良いかもしれませんが、

友人・知人同士で始めた会社であれば、短くしておいた方が良いかもしれません。

会社経営においては、方向性の違いなどにより衝突するという話はよく聞きます。

 

株主総会の決議で、任期を変更することも可能ですので、

会社の形態に合わせて、任期を設定することが望ましいでしょう