• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 知人同士での不動産売買ですが、司法書士に依頼すべきですか...

親子やきょうだいの間での売買(あるいは贈与)であれば、

司法書士に依頼せず、ご自身で調査されて、名義変更の手続きをされても良いと思います。

 

司法書士を使うメリットは、

取引の成立を中立的な第三者専門家に任せることによって安心を得ることです。

それにより、後日のトラブルも防げます。

 

司法書士は、

当事者の本人確認・契約書の確認・お金の支払・不動産の引き渡しなど、

取引が有効に成立したことをキチンと確認したうえで、名義変更の手続きを致します。

 

たとえ友人同士であっても、他人同士の取引であれば、無用のトラブルを防ぐためにも、

司法書士に依頼されることをお勧めいたします。