• 相続
  • 不動産
  • 会社登記
  • 成年後見・任意後見
  • 民事・家事裁判各種トラブル
Q. 親権者の変更は、出来ますか?

家庭裁判所に対して、「親権者変更」の調停を申し立てする手続きがあります。

 

親権者が変更することに併せて、

養育費の請求や面会交流なども必要であれば、

それらについても、申し立てすることになります。

 

申し立てを受けた家庭裁判所は、子供にとって最善となることを第一に考え、親権者の変更の可否を決定します。

子供が15歳以上であれば、子供の意見も聴き取ります。

 

この親権者変更の可否の傾向としては、

①現実に子供を育てている者を優先

②子供の精神面を、経済面よりも優先(貧しくても、愛情を持って接してくれる方を優先)

③乳幼児であれば、母親を優先

④複数の子供がいるならば、出来るだけ同じ親が親権者になる

などが挙げられます。

 

 

家庭には法律が介入すべきでないと言われることもありますが、

育児放棄や虐待などが見受けられる場合は、

必要に応じた法的介入が、子供をはじめとして周りの人たちの関係を円滑にし、

子供を守ることになるでしょう。